子供にやらせたい!五輪で人気爆発したカーリングを体験できる場所って?

カーリングする子供たち

2018年に開催された第23回オリンピック冬季競技大会。この大会で一躍有名になった競技といえば、「カーリング」ですよね。

皆さんは、オリンピックで有名になるまでカーリングという競技を知っていましたか?知っていたとしても、やってみたいと思ったことがある人はいますか?

おそらく、大半の人がカーリングという名前は聞いたことがあるけど、そこまで深くカーリングを知りたいと思ったことはないのではないでしょうか。しかも、カーリングってどこで体験できるのかもわからず、全く身近に感じませんよね。

今回のオリンピックでは日本代表のLS北見が銅メダルを獲得し、日本中が歓喜しました。それを見て、自分の子供にもカーリングを体験させたい!と思った人は多いのではないのでしょうか。

ニコニコ笑顔で楽しそうに、だけど激しく戦っている選手を見て、自分もやりたい!と思ったお子さんも多いはずです。今回は、お子さんでも気軽に体験できるカーリング施設などをご紹介します。

スポンサーリンク

平昌五輪で大注目されたカーリングってどんな競技?

カーリングとは、氷の上で行われるウインタースポーツで、氷上のチェスと呼ばれています。なぜチェスなのかというと、カーリングは見た目によらず高度な戦略が必要な競技だからなのです。

他のスポーツとは違い、どのような戦略で戦うのかマイクを通して選手の口から伝わってくるのも、観客としては楽しめるスポーツですよね。

カーリングは、リード、セカンド、サード、スキップの4人ずつ2組で、交互にストーンをハウスと呼ばれる円形の的に向かって投げ、ストーンの速度や方向をブラシで氷上を掃きながら調整し、止まった位置が円の中心に近ければ近いほど高い得点となります。

選手が投げているストーンは1つあたり約20kgという重さ。LS北見のスキップである藤澤五月さんはストーンと同じくらいの体重だった頃からカーリングを楽しんでいたそうです。

カーリングが気軽に体験できる場所とは

カーリングは氷の上で行われ、また試合に使用されるシートを借りなければいけないため、気軽に体験できるスポーツではないと思ってしまいます。ですが、東京には小学4年生から体験できる「東京カーリングクラブ」があります。

スポンサーリンク