イライラする!自称イクメンパパのあるあると対処法

赤ちゃんを抱く父親

子育てを手伝ってくれたり、家事を率先して行ってくれたりと、イクメンパパを持つとママは大助かりですよね。しかし、イクメンパパでも「自称イクメンパパ」を持ってしまうと、何かと問題に発展しやすいものです。

今回はそんな自称イクメンパパのあるあると対処法についてご紹介しましょう。

スポンサーリンク

いいとこどりの家事と育児

洗濯は洗濯機に洗濯物を入れて干すだけで、取り込まないし畳まない、しまわない。料理は作るけど洗い物はしないし、掃除もしない。子供とたくさん遊んでくれるけど、自分が疲れたらさっさと休憩して子供がぐずっていても知らない顔。

そんなパパは、確かに子育てや家事を手伝ってくれてはいますけど、楽でいいところばかりをして子育てと家事をやった気になっているだけで、実際は面倒なことをママに押しつけているだけですよね。

そんないいとこどりしかしない自称イクメンパパは褒めれば褒めるほど、感謝の気持ちを伝えれば伝えるほど、調子に乗ってしまいます。かといって、褒めたり感謝をしなければ「せっかくやってやったのに嫌味を言われた」と、歪んだ考えを持ってしまいます。

そのようなことを避けるためにも「ここまでしてね」と、きちんとやってほしいことを伝えてみましょう。すべてを終わらせてから「ありがとう」「助かった」「さすがパパ」とたくさん褒めてあげるようにすれば、パパもここまでが家事と育児だと認識してくれるはずです。

中途半端な家事でドヤ顔をする

掃除や洗い物をしてくれたとしても、中途半端にしか家事をしてくれない自称イクメンパパも多いです。お部屋を掃除しても部屋の隅は掃除していない、洗い物をしてもすすぎ残しがたくさんあるなどなど。どのような家事をしても完ぺきではなく全て中途半端になってしまうのです。

そのような詰めの甘い家事を指摘したら「せっかくやってやったのに細かい!」と、逆切れされてしまうこともあるのがたちの悪い所ですね。そのような中途半端な家事しか行えないのに「やってやった!」と、ドヤ顔をしているのがとってもムカつくというママも多いのではないでしょうか?

スポンサーリンク