理想と現実の違いを痛感!産前の理想と産後の現実のギャップ

赤ちゃんと頭を抱える女性

妊娠期間は体調不良に悩まされてはいるものの、出産後の生活に心が躍っているのではないでしょうか?

子供が生まれたらたくさんお散歩して、お世話もニコニコしながらやって、子供が寝ている間にちょっと休憩がてら育児雑誌を読んで、マンガを読んで、お茶をして、ママ友をたくさん作って・・・と、キラキラした生活を夢見ていることでしょう。

しかし、現実はそううまくいくものではありません。今回は理想と現実の違いについてみていきましょう。

スポンサーリンク

子供が寝ている時間はママの睡眠タイム

子供が寝たらママの自由時間だと思いますよね?確かにその考えは間違いではありません。天使のような寝顔を浮かべる我が子、育児から解放される束の間の休息です。

しかし、ママは夜泣きや子育てによって慢性的な寝不足となっています。そのため子供が寝ている時間は必然的にママの睡眠時間となってしまいます。

子供がまとまって寝てくれるのは2時間ほど、逆を言えばママがまとまって寝れるのはわずか2時間しかありません。

子供が寝た隙にティータイムをしたい、撮りためたドラマをゆっくり見たい、マンガを読みたい、そんな気持ちはあるでしょうが、睡眠時間の確保が大切です。やりたいことはたくさんあるでしょうが、ここはグッと我慢をして落ち着くまでは子供と一緒にゆっくりと眠ってみてはいかがでしょう。

子供のお世話に追われて家事もままならない

生後間もない赤ちゃんは本当によく泣きます。しかも、床に置いても、ベビーベッドに置いても泣きます。そのため抱っこをしておかないといけないのですが、抱っこをしたままソファに座っても泣いてしまいます。そんな状態だと、子育てに追われてしまい家事を行う暇がないのです。

子供の機嫌がいいと思って家事を行ってもたまった家事を片付けられませんし、子育てを一生懸命していたら気付いたらもう夜!夕ご飯の用意なんて何もできていない!そんなことも日常茶飯事なのです。

スポンサーリンク