母親との関係に変化?産後に母親がうっとうしいと感じるあるある

赤ちゃんを抱く母を見つめる祖母

子供を産むと母親のありがたさを実感する。そんな言葉がありますが、逆に出産をきっかけに母親が嫌いになったというママもいるのではないでしょうか?

母親の小言や一つ一つの言葉にイライラしてしまい、母親を頼るくらいなら少しつらくても自分一人で子育てをしたいと感じてしまいます。

そんな母親への感情に戸惑い罪悪感を覚えてしまうママも少なくありません。いったい産後に母親をうっとうしいと思う原因とはなんでしょうか?

スポンサーリンク

自分の子育てを全否定された気持ちになる

母親は孫のことを心配して様々な助言をしてくれているのでしょうが、その言葉ひとつが正直うっとうしいとかんじてしまいます。掃除をしているのに、ここの掃除ができていない。子供が風邪をひいたら体調管理がなっていない。

問題行動をおこしたらしつけがなっていないのではないのなど、母親に悪気がなかったとしてもその言葉が、私の育児を否定して楽しいの?と感じてイライラしてしまいます。そんな母親の言葉に傷ついているママは、まずは客観的になってみましょう。

逆の立場になったときに、可愛い孫がしんぱいで口をだしてしまう気持ちは何となくわかるのではないでしょうか?

自分がママになったのと同時に、あなたの母親も初めておばあちゃんになったのです。不安な気持ちや心配する気持ちから口うるさく言ってしまっているというのを理解して、少々の小言は多めにみてあげましょう。

気持ちをわかってくれない母親に苛立つ

母親は自分の味方であり続けてほしい。そう思っているからこそ、母親の言葉やちょっとした態度や行動にイライラして嫌悪感を抱きます。

自分とは違う考えを持っているのは当たり前だと分かっていても、産後の不安定な気持ちに寄り添ってほしい母親という存在が自分の考えと違ったことを言うと、どうしても孤独感を覚えてしまうのも原因です。

スポンサーリンク