原因は?対策はないの?いや~な生乾き臭を防ぐ&消す方法

渋い顔の女性と洗濯物

6月になり、梅雨入りした地域もどんどん増えてきましたね。皆さんのお住いの地域ではいかがでしょうか?梅雨になると雨が続いて洗濯物が乾かなくなってしまいますよね。乾かないだけならまだしも、嫌な生乾き臭もセットで付いてきます。

我が家は夜に洗濯をして室内干しをしているので、梅雨の時期は朝起きると生乾き臭が漂っている時もあり頭を悩ませていました。

さらに1度生乾き臭が付いてしまったバスタオルやTシャツなどは何度洗っても匂いが取れない、使う・着るたびに匂ってくると言う経験はありませんか?

そこで嫌な梅雨を乗る着るためにも、生乾きを防ぐ&万が一生乾きになってしまった場合の撃退方法をお伝えします!実際に私も実行している方法です!

スポンサーリンク

そもそも何で生乾き臭になるの?

洗濯ものを干してから乾くまでに時間がかかってしまった、洗濯で汚れがしっかり落としきれなかった、濡れた状態で放置していたことなどが原因で雑菌が繁殖してしまいあの生乾き独特の臭いが発生します。

この雑菌は湿気が大好きなので、雨が続いて洗濯物が乾きにくい日が多い梅雨は雑菌が繁殖する大チャンスなのです。

嫌な生乾き!なってしまう前に防ぐ方法はあるの?

生乾きは対策をしっかり行えば防げます。いくつか対策方法をご紹介します!

洗濯したらすぐに干す

洗濯が終わっても衣類は濡れている状態なので時間がたてばたつほどどんどん雑菌は繁殖していきます。洗濯が終わったら放置せずにさっさと干してしまいましょう!

私は洗濯機を回してから子どもを寝かしつける時があるのですが、寝落ちしてしまうこともあり気付いたら夜中、慌てて飛び起きて干すなんてこともあります。これが我が家の生乾きの原因だと思われます。

洗濯機は清潔を保とう

汚れた衣類をきれいにするはずが、洗濯機が汚れているとさらに雑菌を塗りこんでいるような状態になります。

濡れたタオルや服を洗濯機に入れておくのも洗濯機の中で雑菌が繁殖する原因になってしまうので、面倒でもカゴに入れておいて回す時に洗濯機に入れましょう。

カゴにまとめておく時も中に濡れたタオルなどが混ざっていると生乾き臭の原因になるので分けておきます。

スポンサーリンク