ジメジメする梅雨を乗り切るには?室内の湿気の取り方

室内干し

梅雨の時期になり、雨が続いて困るのが湿気ですね。湿気が多いと、いくら室温はちょうどよくてもジメジメして不快になりますし、カビなどの原因になります。

数日間だけなら我慢しますが、梅雨は1ヶ月以上続きます。出来れば快適に過ごしたいものです。そこで今回は、湿気を取り除く方法をまとめてみました!

スポンサーリンク

エアコンの除湿機能を使う

エアコンで除湿をすると、すぐに過ごしやすくなります。ドライ機能となっているエアコンもあるかと思います。

ただ、除湿機能を使用すると電気代がかかります。その点がデメリットですが、湿気を上手く取り除くことが出来ずにカビが繁殖してしまったら、自分達の健康被害も気になります。そうなっては元も子もないので、本当に湿度が高い日は上手く使用しましょう。

あと、エアコンの除湿機能には2種類あります。弱冷房除湿と再熱除湿です。弱冷房除湿は、一般的なエアコンについています。湿気を取り除き冷えた空気をそのまま室内に戻します。

そのため湿気を下げ、さらに室内の温度も下がります。字のまま弱い冷房です。温度も湿度も高くて過ごしにくい時に適してます。

再熱除湿は、高級機種に搭載されていることが多く、湿気を取り除き、ある程度空気を温めて過ごしやすい空気にしてから戻します。こちらは湿気を取りたいけど室温は変えたくない時に適してます。

なかには両方の機能を搭載している機種もあるようなので、自分の家のエアコンが、どちらの除湿方法なのかは機種ごとに違うので取扱説明書を見てみるといいですね。

除湿機を使う

こちらも家電製品ですが、エアコンの除湿機能では寒過ぎるときや、洗濯物が乾かない時などはオススメです。

スポンサーリンク