おすすめの子供の習慣は?やっていて良かった子育て習慣&後悔している習慣

楽しそうに見つめ合う親子

1人目の子供だと育児をする時の対応の仕方で悩むことが沢山あります。何が正解で何が間違いなのか、その時はわからなくても後になってみて少しずつわかってくるのかな?と思います。

私にはすでにやっていて良かったこと、後悔していることがいくつかあるのでご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

良かったこと:歌をたくさん聞かせる

産まれたばかりの頃からあやす時や寝かしつけの時には童謡などの歌を歌っていました。少し大きくなってからも家事で手が離せない時の時間稼ぎや、BGM代わりによく歌っていました。そのため、話ができるようになると歌を覚えて沢山歌ってくれるように。

始めは私が歌っていた歌を真似していましたが、そのうちTVのおかあさんといっしょなどを見ていて自分で覚えて歌うようになりました。

お散歩の時や雨が降った時、蝶々を見つけた時、その場面に合わせて歌を歌ってくれるのでとても癒されますし、おじいちゃん、おばあちゃんは孫の歌声に大喜び。将来は歌手だな!と盛り上がっています。

良かったこと:早寝、早起き

授乳をやめて夜中に起きることがなくなった1歳頃から、だいたい朝は5時に起きて夜は8時に寝ています。周りのお友達の中には夜の10時、11時にならないと寝てくれないと悩んでいるママもいるので、うちの子は健康的だとよく言われます。

特に冬は朝早いのが辛いのですが、一緒に起きて家事をすると全部終わっても「あれ?まだこんな時間なんだ!」とゆとりがあり、コーヒーをゆっくりと飲む時間もあります。

始めの頃は寝かしつけをしようとしても、ゴソゴソと動き回って布団に横になってくれず、時間がかかってかなり手こずっていました。

ですが、寝室にはおもちゃ等は一切置かず、部屋を真っ暗にしてひたすら子守唄を歌うということを何日か繰り返していたら、「この部屋に来たら布団に入って横になる」とインプットされたようで、すんなりと眠りにつけるようになりました。

後悔していること:パパにもっと任せれば良かった

休みの日にはパパに寝かしつけをしてもらうと決めていたのにギャーギャーと子供が泣くので、私が気になってしまい途中で覗きに行ってパパと交代してばかりいました。そのせいで、3歳近い今もパパと2人で寝ることが出来ません。

スポンサーリンク