これで子供も元気!旬の夏野菜で暑い夏場を乗り切ろう

夏野菜

夏場に出てくる夏野菜はみずみずしくおいしいものばかりです。そんな夏野菜は夏場に食べるからこその良さがあります。

どんな良さがあるのでしょうか?また、夏野菜にはどんなものがあり、どんな栄養があるのかを見ていきましょう。

スポンサーリンク

旬の夏野菜は栄養価が高くてとてもおいしい

今の時代、スーパーに行けばどんな野菜でも置いてあり、いつでも食べられますよね。ですがその時期の旬のものはとても栄養価が高いのです。

たとえば夏野菜ですと、トマトは旬の夏に食べたほうがビタミンやミネラルも多く含まれていたり、リコピンという成分も豊富に含まれています。

このリコピンは抗酸化作用があり、美容にもよく疾病に対する予防効果があります。これも、旬の時期に食べることで効果が大きくなります。

また旬の夏野菜は、旬以外の時期に食べるときと比べて味が濃厚でうまみを口の中全体で感じられるのです。そのため調味料が少なくてもその食材の甘みや酸味、旨味を楽しむことができるのです。

旬の野菜は値段もお手ごろ

旬の野菜は、栄養価が高いのにお値段はお手ごろですよね。それは、旬だからそこ自然の恵みで農家さんがたくさん生産してくれるからです。

今、道の駅などの特集がテレビなどでもやっていますが、その道の駅に野菜が置いてあり値段を見てみるととても安くて驚きます。

もちろんスーパーで野菜を買うときも旬の野菜はとても安のですが、道の駅などの農家直売ですと中間業者がないので値段の安さはひとしおです。農家直売なので、値段も安いですが、何よりも新鮮なことが嬉しいですね。

夏野菜はどんなものがあるのでしょう

夏野菜といえば思いつくのは、トマトやきゅうりなどが思いつくのではないでしょうか?先ほど話をした通り、トマトの栄養分は分かっていただけたと思います。

では、きゅうりはといいますと、きゅうりはビタミンCやカリウムが含まれています。そのほかの夏野菜は、次のものがあげられます。

スポンサーリンク