庶民には理解不能!海外セレブの子育てあるある

ドレスを着た親子

海外セレブのファッションやライフスタイルは日本女性にとっても憧れの的。子供を持つママたちにとってはセレブママの育児にも興味をひかれます。

そこで今回は海外セレブの子育てあるあるをご紹介。少々度が過ぎるものから一般庶民には理解できないものまでバラエティー豊富にまとめてみました。

スポンサーリンク

セレブママ子育てあるある“子供の写真をインスタに投稿”

日本の芸能人を見ると子供の写真は投稿しても顔にはモザイクがかかっていることが多いですが、海外セレブママたちはおかまいなし。子供のプライバシーについてバッシングされることもありますね。

しかしファンとしてはベビーの姿を見ることができるのは嬉しいもの、ファン優先のセレブらしい気遣いなのかもしれません。

例えば若干20歳にしてママになったカイリー・ジェンナーは妊娠したことは隠してきたにも関わらず、出産後は頻繁にベビーの姿を投稿しています。しかしそれが原因でベビーが父親と言われている男性に似ておらず、ボディーガードにそっくりとゴシップ記事になってしましました。

一方でカイリーは今や世界中の女の子から憧れられる存在です。ママファッションやベビー用品など同じママとしては参考にできることがあるかもしれないですね。

セレブママ子育てあるある“子供に着させる高級ブランド”

日本でもよく情報番組などで取り上げられるのが、セレブの子供が高級ブランド服を着こなしている姿。以前はトム・クルーズの1人娘スリちゃんが有名でしたが離婚したこともあり現在は落ち着いてきたようです。そんなスリちゃんに変わって高級ブランド服を着こなす新たなセレブキッズも登場しています。

例えばカニエ・ウエストとキム・カーダシアンの長女ノースちゃんがおしゃれにかける年間の費用は1億円超え。さらにフランス発の大人気ブランド「Vetements」(ヴェトモン)に特注したドレスは1着で135万円、庶民には大人でも手が出ないドレスをさらっとに着こなすあたりはすでに大物の予感です。

スポンサーリンク