ごはん作りに大活躍!炊飯器を活用して楽する時短方法

炊飯器と食材と女性

毎日家事と育児で忙しいママが一番苦労するのは、子どものごはん作りではないでしょうか?わたし自身も小さな子どもが3人いるのですが、朝、昼、夜と一日中ごはんのことを考えている気がします。

子どもにはなるべく、栄養たっぷりの美味しいごはんを食べさせてあげたい!と思いますよね。でも、子どものごはん作りに一生懸命になるあまり、ママ自身の食事がおろそかになっていたりしませんか?

子どものごはん作り、上手に手を抜くためにおすすめしたいのは「炊飯器」の活用です!身近な家電をうまく活用して、ママの負担を少しでも減らせるといいですよね。

スポンサーリンク

離乳食作りに活躍!炊飯器で野菜を柔らかく!

離乳食のあいだは、野菜を柔らかくしたものをよく使いますよね。このときに炊飯器を使うのがおすすめです!

にんじんやさつまいも、かぼちゃ、だいこんなどの根菜類はしっかり時間をかけないとなかなか柔らかくなりません。でも、炊飯器なら驚くほど柔らかくなるんですよ。

また、ゆでる場合だとたくさんのお湯を使いますが、炊飯器だと水は少量で大丈夫。その分、野菜の旨味が逃げ出すことなく凝縮されていてとても美味しく出来上がります!

数種類の野菜を一緒に炊飯器で柔らかくすれば簡単に野菜ミックスができるので、離乳食の期間は毎日のように炊飯器をフル活用していました。その間、コンロが1つ空くのも嬉しい!ぜひ一度試してみてくださいね!

お肉もお魚も炊飯器!味はしっかり、身は柔らか!

炊飯器の活用は、野菜だけでなくお肉やお魚でも大活躍です。安いむね肉やささみでも柔らかく仕上がりますよ。野菜や調味料も一緒に入れて炊飯器で調理をすると、鍋で時間をかけて仕上げるより柔らかくなる上に、味もしっかりと染み込みます。

スポンサーリンク