小学生の心の成長に一役買う!夏休みに子供に見せたい映画5選

映画を見る子供たち

こども達にとって、夏休みはドキドキワクワクするものです。普段はお家でゆっくり映画を鑑賞する暇もないかもしれませんが、夏休みは特別です。

普段見ているアニメをやめて、海外の作品に触れてみませんか。大自然や美しい海を見て、夏を満喫している気分になりますよ。

子供の頃に見た映画が、生涯心に残っていることもあります。心に響く、夏にぴったりな物語、そして自分自身と重なるような主人公達が、特別な感情を生み出してくれます。映画は、善悪の区別を無意識的に教えてくれます。

また、友情や家族の絆も深まるでしょう。夏休みにピッタリな映画をご紹介します。

スポンサーリンク

フリーウィリーシリーズ

1993年の映画で、少し古いですが、文句無しの感動作です。親に捨てられた孤独な少年と、母親から引き離され水族館で暮らす、賢いシャチのウィリーが出会うお話です。

少年とシャチの心の交流が深まり、クライマックスのシャチの大ジャンプは圧巻です。この映画は1から3まで続いており、少年の成長も見ることができます。アメリカが舞台でとても規模が大きく、大自然に圧倒され、憧れを抱くでしょう。

また主題歌はマイケルジャクソンのWill You Be Thereで、大自然の映像にピッタリな名曲です。大ヒットした洋楽にも触れることができます。

フリッパー

こちらも親が離婚したばかりで、反抗期の孤独な少年が主役です。南フロリダという、大人も憧れの綺麗な海や景色、水中映像にたちまち引き込まれます。

少年が子供のイルカのフリッパーと絆を深めていき、やがて慣れない島での暮らしにも馴染んでいく冒険のようなストーリーです。

スポンサーリンク