離乳食にも幼児食にも使えるかぼちゃ!簡単レシピ3選をご紹介!

かぼちゃとかぼちゃペースト

赤ちゃんの離乳食が始まってしばらくすると、おかゆだけではなく野菜なども積極的に食べさせたいですよね。しかし毎日作っているとワンパターンになりがちでメニューに悩むママもいると思います。

育児雑誌やレシピ本に乗っているメニューも良いですが、毎日作る離乳食など子供の食事は手軽に作れないと、ママも疲れてしまいます。

そこで簡単にできて栄養もきちんと取れて、なおかつお財布にやさしい食材カボチャを使った簡単レシピをご紹介します。

スポンサーリンク

かぼちゃは安くて優秀。栄養価も高い

売っているお店にもよると思いますが、一般的なスーパーですと、だいたいグラム30円~60円くらいではないでしょうか。

1個まるまる買っても500円前後。そしてカボチャは切り分けても日持ちしますから、煮たり焼いたり蒸したりと色んなバリエーションのレシピで長く楽しめます。

栄養素もβカロテンやビタミンCなどとても豊富です。赤ちゃんや幼児にはぜひ食べさせたいですよね。これから簡単に作れて子供も好きなカボチャレシピを3つご紹介します。

カボチャのソテー

カボチャを薄切りしてサラダオイルでソテーするだけ。たったこれだけですがとっても美味しいんです。筆者もよく作りますが、外側がカリカリで中はほくほくと甘く、かぼちゃの風味が一番感じられるレシピだと思います。

油でソテーするとβカロテンなどの栄養価があがるのもうれしいですよね。カリカリに焼いたカボチャは手づかみ食べもしやすく、離乳食が終わりかけた赤ちゃんにもぴったりです。

カボチャのマッシュ

簡単に作れて特に赤ちゃんにおすすめのレシピです。かぼちゃ4分の1カットを火が通りやすいように乱切りして耐熱容器に入れてラップをかけて3~5分電子レンジでチンします。

竹串などをスッと通して蒸しあがったのを確認したらスプーンやマッシャーなどでつぶして、牛乳を2分の1カップ注いでください。混ぜてパサパサ感がなくなったら完成です。

スポンサーリンク