親子で備えよう!家族でやっておくべき防災対策や備えておくべき防災グッズ

防災グッズ

記憶に新しい東日本大震災。日本は地震大国ですよね。それに加えて噴火や海に囲まれていることもあり水害も起こりやすいです。

あとで備えれば大丈夫ではなく、きちんと今から準備が大切です。では、何をどのように備えていけばよいのが、家族で必要な防災を知っておきましょう。

スポンサーリンク

防災グッズを知っておこう

たとえば、家族4人での防災にはどんなものが必要でしょうか?必要なものをリストにして見ました。

飲料水・携帯食・携帯コンロやガスボンベ・ヘルメット・身分証明書や重要書類・家族写真(プリントアウトしたもの)・作業用手袋・救急用品セット・懐中電灯(予備電池も)・明かりが取れるもの(ランタン)・携帯ラジオ・携帯電話(予備充電器も)・現金(硬貨も必要)・歯ブラシ・大判の布やタオル・ホイッスル・ティッシュペーパー・使い捨てのカイロ・女性サニタリーグッズ・携帯トイレ・食品用ラップです。

また、赤ちゃんや小さなお子さんがいる場合には、粉ミルクと哺乳ビン・離乳食・おしりふき・おむつとおむつ用防臭袋・お気に入りのおやつ・おもちゃなども必要になってきます。これら飲料水や食料は人数分×3日分以上の美つくが必要です。

家の中での防災

地震が起きたら屋外に出たい気持もありますが、お子さんを連れて外に避難するのはとても大変なことです。耐久性があるのなら家の中で待機をしてください。

おすすめは、寝室をシェルターにして避難する方法です。いつもの布団に包まっているだけでも安心できます。前もって少量の食料と水、ライトを寝室に準備して置いてください。

また、家の中の防災対策として、避難路の確保をするために生理整頓をしておく。重要なものは下の階において置くこと。家具は固定しておきガラスには飛散防止フィルムを張っておきましょう。

これから買うようでしたら、観音扉の収納家具や食器棚ではなくて、中身が飛び出さない引き戸タイプにするといいですね。

外出時の防災

外出時の防災として、ママと子どもだけで外出する際はマザーズバッグと携帯、そして携帯の予備バッテリーを持ち歩くといいです。

外出先で災害が起こった場合の外出先別の注意点は、電車・バスに乗っているときは道路や線路などにすぐに飛び出さず、係員の支持に従いましょう。ガラスの近くにいる場合には離れましょう。

スポンサーリンク