おねしょが続く子供は、もしかしたら夜尿症かも?原因と対処法

おねしょする子供

誰もが一度は「おねしょ」をしたことがあると思います。「トイレをしている夢を見たせいで、知らない間におねしょをしてしまった」なんてこともありますよね。

2歳に満たない小さなお子さんは毎日「おねしょ」をしますが、おねしょが大きくなってからも続く場合には「夜尿症」の疑いがあるのです!そこで今回は「子供の夜尿症」についてご紹介します♪

スポンサーリンク

夜尿症とは?

おねしょと夜尿症の一番の大きな違いは「年齢」にあります。2歳以下の子供は毎晩のようにおねしょをし、そしてその回数は年齢が上がっていくにつれて減少していきます。

「5歳」を過ぎてもおねしょが続き、頻度としてはおねしょが月に一回以上が3カ月続いた場合に「夜尿症」とされます。

夜尿症の割合は小学生低学年になると全体の10%まで減少しますが、人によってはその後もおねしょが続いてしまう場合もあります。小さな子のおねしょの場合排尿器官が未発達なために起こりますが、夜尿症の場合は他に原因があると考えられています。

夜尿症が起こる原因

夜尿症が起こる原因は様々ですが、主な例として「睡眠障害」「膀胱の容量が小さい(膀胱型)」「尿の量が多い(多尿型)」「心のストレス」などが考えられます。

また、膀胱型と多尿型の二つが原因の「混合型」というタイプの夜尿症もあります。夜間はおしっこの量が多くなるのですが、人間には利尿を抑える「抗利尿ホルモン」という物が存在し、そのホルモンがおしっこの量を制限してくれています。

しかしながら、夜尿症の方の場合は抗利尿ホルモンが上手く分泌できません。耐えきれない量のおしっこが膀胱の中に溜まってしまい、夜中におねしょをしてしまうのです。

夜尿症の対処法は?

生活習慣を見直すところから始めてみましょう。水分を多くとってしまうと、その分おねしょをしやすくなってしまいますので、寝る前にたくさんの水分を摂取しないことをオススメします。

また、お子さんがおねしょをしてしまっても怒ってはいけません。お子さんも、おねしょをしたくてしているわけではありません。むしろ、おねしょはしたくないと思っている子の方が多いのではないでしょうか?

スポンサーリンク