子供にとって過ごしやすい部屋づくりとは?親が工夫してあげること

子供部屋

子供が本格的に自分の部屋を使いだす小学生頃は、子供部屋のレイアウトにも気をつけていきたいところですよね。それまでは何となく自分が使いやすい、自分が好きな部屋を作っていたかもしれませんが、小学生になると子供自身が過ごしやすい部屋を作る必要があります。

親が子供の部屋づくりでしてあげた方が良い工夫についてご紹介します。

スポンサーリンク

子供の部屋の工夫1.子供がやりたくなる部屋に

子供部屋づくりの工夫の1つ目は、まず子供が自分から何かをやりたくなるような部屋づくりです。子供にとって部屋とはどういった存在にしたいですか?子供が勉強したくなるような部屋ですか?それともただ寝て着替えるだけの部屋ですか?

それぞれの子供部屋の役割というのは違ってくると思いますが、子供が自分の部屋でこういう過ごし方をしてほしいという願望があるのであれば、それをやりやすい環境を作る必要があります。

例えば、子供が自分の部屋でしっかりと勉強する環境を作りたいのであれば、勉強机は必須ですよね。しかし、勉強しにくい机があったら子供は勉強が嫌いになってしまいます。日の当たらない場所で勉強したり、机の周りがごちゃごちゃしていて落ち着かなかったりすると、勉強がはかどりません。

子供が自分から勉強したくなるような、部屋づくりをすると良いでしょう。

子供の部屋の工夫2.朝の準備をしやすい部屋に

子供部屋づくりの工夫2つ目は、朝の準備をしやすい部屋にするということです。子供がだんだん大きくなってくると、朝の準備も自分でできるようになります。そうなったら、子供も自分の部屋で朝の支度をするようになると思います。

子供が服を選びやすく、ランドセルも背負いやすいようなレイアウトを考えてあげると良いでしょう。ランドセルの置き場所はいつも決まらず、着た服も脱ぎっぱなしになるような部屋では、朝の準備も時間がかかるようになってしまいます。

スポンサーリンク