子育て大変だけど…ママだって自由が欲しい!自分だけの自由な時間の作り方

スケジュール表とカレンダー

掃除機とクイックルワイパーを交互にしたり、毎日クイックルワイパーで週に1度掃除機にしたり、環境によって工夫できるはずです。

水回りの掃除は毎日やる必要がありますが、完璧にこなす必要はありません。1週間のスパンで考えて、ピカピカになるような家事に変えてみることをおすすめします。

スポンサーリンク

忙しかったらリフレッシュ

家事も育児も仕事もしなくてはいけないママにとって、なかなか疲れが取れにくいと感じてしまうこともありますよね。疲れているうえで更に忙しさに拍車がかかると効率が悪くなってしまいます。

そういった時は、5分でもリフレッシュできる時間を作りましょう。忙しすぎると思っていても、実は5分のリフレッシュ時間は誰にでもあるはずですよ。5分間何も考えない時間を作りましょう。

目をつぶって頭を空っぽにしたり、日光を浴びながら寝転んだりする時間を作ることで、気持ちも頭もすっきりします。

感情も頭もリセットすることで、仕事の効率も変わってきます。休む間もなく行動して、早く終わらせることよりも、適度な休憩をとりながら行動する方が効率良く進んでいく可能性が高くなります。

忙しい時ほど、リフレッシュの時間は忘れないようにしましょう。5分程度で自分の気持ちを落ち着けることができるようなものを、探しておくと良いでしょう。

携帯やテレビを使ったリフレッシュは逆に興奮させてしまう可能性があるので、なるべくそういった物を使わずにできるリフレッシュ法を見つけましょう。

工夫次第で自分の時間は持てる

子育て中に自分の自由な時間を作る方法について紹介してきました。なかなか自分の時間が取れないと悩んでいる人もいますが、実は工夫次第で取ることができますよ。

自分の時間をとりながら、ストレスのない毎日を送る工夫をしていきましょう。

スポンサーリンク