子供の物が捨てられない!原因や手放すための工夫

おもちゃの入った箱

子供が小さい頃に使っていた洋服やランドセル、教科書などの処分はできていますか?中にはもう子供が成人を超えているというのに、子供の小さい頃の服が捨てられていない人もいます。

子供の思い出の品を捨てることができない原因と、それを手放すための工夫についてご紹介します。

スポンサーリンク

子供の物が捨てられない心理とは?

親がどうしても子供の思い出の物を捨てることができないというケースでは、ほとんど親が子供の物に執着していることが原因です。

子供の洋服や昔使っていた教科書などは、親にとっては取っておいてメリットになることはほとんどないのですが、なぜか子供の成長と結び付けてしまうので、捨てることができなくなってしまいます。

また物がありすぎても捨てる気が失せてしまいます。記念に取っておこうと思いながら、知らないうちにどこに何がしまってあるかさえ、わからなくなってしまうこともあります。

子供の思い出だからこそ捨てられないという心理は、どの親も共通しています。しかし、もしかしたらそれがいいわけなのかもしれません。自分自身の物も捨てられない性格のせいで、子供の物を捨てられない場合もあります。

さらに子供に執着しすぎるあまり、物にも執着してしまっているケースも考えられます。

子供の物を手放すためには覚悟が必要

子供の思い出の品を捨てられないと、悩んでいる親御さんは実は多いです。それは、なかなか手放す決意ができないからです。手元になくなってしまうから、何かが変わってしまうと思っている人も多いようです。

しかし、子供の思い出の品は思い出として心にしまっておくだけでも十分記憶に残ります。子供の物を手放すということは、それなりの覚悟が必要なのです。

あまり深く考えずに、捨ててしまっていいとは言い切れません。なので、覚悟を決めることができるタイミングを見計らって、始めてみましょう。

スポンサーリンク