子供にとって過ごしやすい部屋づくりとは?親が工夫してあげること

子供部屋

そういったことを減らすためにも、子供の着た服を入れるところ、選びやすい洋服収納、ランドセルを置くための場所の確保など、工夫してあげると良いでしょう。

朝は子供にとってもママにとっても忙しい時間です。その中で、子供から着る服がない、靴下が片方だけ見つからないといって、バタバタすることがないように、部屋づくりから工夫すると良いでしょう。

スポンサーリンク

子供部屋の工夫3.教科書やプリント収納をしやすく

子供部屋の工夫3つ目は、教科書やプリントを収納する場所を確保するということです。子供達は毎日違う教科書を使い、さらにたくさんのプリントを手にすることになります。だからこそ、教科書やプリントはきちんと収納場所を親が作ってあげる方がいいのです。

まず帰ってきたら宿題と一緒にプリントや教科書を出して、次の日の準備をそのタイミングでさせると良いでしょう。そして、次の日に必要な教科書やノートを入れたら、家で保存しておくプリントや教科書をしっかりと保存しやすい場所を作ってあげましょう。

収納方法は、できるだけシンプルな方が良いです。何個か手間が出てくるファイリングは、途中で飽きてしまうこともあります。とりあえず平日はプリントでも大まかに分けて置いて、休日に細かく分ける作業をする習慣をつけさせると、小さい頃から収納の基礎を学ぶことができます。

子供部屋の工夫は重要

子供部屋の工夫についてご紹介してきました。子供が自分でできることが増えてくると、子供にも使い勝手の善し悪しが出てきます。

子供が不自由を感じると、それが苦手分野になってしまうこともあるので、なるべくそうならないように親が工夫してあげると良いでしょう。

スポンサーリンク