もうすぐパパになるのに…。妊娠中に不安になる夫の言動あるある

妊婦とお酒を飲む夫

妊娠中はパパもママも幸せでいっぱいでしょうが、パパのふとした発言で不安に思うことはありませんか?何気ない行動や言動に「本当に父親になる自覚はあるのだろうか?」と不安に思うママは多く、実際にその発言や行動がきっかけで喧嘩になることもあります。

そんな妊娠中のママを不安にさせるような言動あるあるをここでご紹介しましょう。

スポンサーリンク

「疲れているんだから後にして」

仕事から帰ってきたパパにお腹の赤ちゃんのことや、今後のことについてお話をしようとしても「疲れているんだから後にして」と言われて結局話が出来ずじまいになってしまったとき不安になるママは多いのではないでしょうか?

また家事をお願いしたり力仕事をお願いしたときに、仕事を理由に拒まれてしまうと出産したあとも仕事を理由に子育ての手伝いを拒まれたら?相談にのってくれなかったら?そんな孤独感に襲われてしまいます。

お腹が大きくなっていくにつれて、子供が生まれてくることが楽しみと思う反面、パパは家事や育児に協力してくれるのかという不安もどんどん大きくなっていくのです。

「なんでもいいよ」

子供のことやこれからのことを決めるときに「好きにしていいよ」「なんでもいいよ」と一見何でも決めさせてくれる優しいパパの言葉にも不安を覚えてしまうママも多いようです。

好きにしていいよということは、言葉を言い換えると「どうでもいいよ」ということです。つまり子供のことだけど、俺にはわからないから君が適当にやっといてという本音が隠れているということなのです。

そんな投げやりな態度を取られてしまって、ママとしてはいい気分にはなりませんよね。さらに、パパによっては「出産は女性のもの」という感覚があるためどこか他人事になってしまうのも「なんでもいいよ」という無責任な発言に繋がるのです。

そんな妊娠中にもかかわらず、全く自覚のないような発言をするパパに対して不安を覚えるどころか幻滅をしてしまうママも多いようです。

スポンサーリンク