どれくらいの距離感がいい?学校の先生との付き合い方

授業風景

幼稚園や保育園の先生は、子供のことを十分に考えて身近に相談に乗ってくれる人が多かったですが、学校に入学すると先生の立場はガラッと変わります。

初めて小学校に入学する時、担任の先生にはどこまで相談しても良いのか、迷いますよね。学校の先生との距離感の掴み方についてご紹介します。

スポンサーリンク

幼稚園は一個人でも学校は集団行動

今まで幼稚園や保育園は、1人1人の個人を尊重した教育をしている所が多くありました。だからこそ、子供に何か気が付いたところがあれば、先生の方から伝えてくれるようなこともあります。

しかし、小学校となるとその距離感は一気に変わります。1人1人のことも観察はしていますが、クラス全体のことを考えて1人1人に接していることが多いです。

クラス全体の雰囲気の調和を図るために、先生たちは色々と試行錯誤することになります。幼稚園や保育園のように、学校での子供の様子を全部把握してくれるというわけではなく、集団行動の中でどうやってすごしていくか、ということを重要視しています。

学校の先生は基本的に平等

学校の先生との距離感は、どういう感じなのか最初は迷うことが多いと思います。幼稚園の先生とは違い、学校の先生は基本的に全員を平等に扱っています。1人1人親身になるというよりは、同じように接している人がとても多いです。

小学校になると、モンスターペアレントと呼ばれる毒親の存在が出てきます。そう言った人にひいきしないためにも、小学校の先生は平等を重視している人が多いです。

平等に接するということは良い事でもありますが、悪くなってしまう事もあります。自分の子供だけをひいきしない代わりに、味方をしてくれないという見方もできてしまいます。

スポンサーリンク