子供と一緒に遊ぼう!知育玩具としておすすめのレゴブロックの魅力!

レゴブロックで遊ぶ子供

知育玩具として昔から愛されている「レゴブロック」。世界中で愛されるのには、やはり魅力と理由がありました。

初めて子供と一緒にレゴブロックを楽しみたいけれど、その数が膨大すぎてどれから手を出して良いのかわからないという方のために、今回は子供と一緒に楽しめる「レゴブロックの魅力」についてまとめてみました!

これからレゴブロックの購入を考えている方は、ぜひこの記事を参考にしてみてくださいね!

スポンサーリンク

レゴは男女共有で遊べる玩具!

レゴブロックはデンマークで生まれ、今なお絶大な人気を誇るブロックです。その魅力は「自分の世界を作ることができる」ということではないでしょうか?

レゴブロックでは、街も車もお店も作ることが出来ます。そして、レゴブロックは男の子でも女の子でも遊べる「男女共有」の玩具です。

お子さんの好きな物に合わせてレゴブロックを選んであげることもできます。クラシックタイプでは35色のブロックと、窓や目といったパーツがついてきます。

おすすめ商品

  • レゴ (LEGO) クラシック 黄色のアイデアボックス プラス 10696 35色のブロックセット 4歳以上の全ての男の子女の子におすすめ
Amazonで詳細を見る

東大生の半分以上が遊んでいた!

なんと、東大生のおよそ7割がレゴブロックで遊んでいました!その理由は「創造性」が生まれるからではないかと言われているようです。何もない、まっさらな状態のブロックから様々な世界観を作っていくと、創造性が育まれていきます。

また、レゴには「クリエイター」と呼ばれるシリーズがあります。こちらの「レゴクリエイターシリーズ」のオススメは「モダンハウス」です。

モダンハウスのインテリアを考えたり、部屋をカスタマイズする楽しさはまさに「創造性」を高めてくれます。

おすすめ商品

  • レゴ(LEGO)クリエイター モダンハウス 31068
Amazonで詳細を見る

レゴを学ぶ「レゴスクール」もある!

なんと、レゴブロックにはレゴを学ぶ「レゴスクール」があるんです!全国の至る所にあり、3歳~10歳以上まで様々なカリキュラムが組まれています。

3歳の子のカリキュラムは月謝が「9,000円」で、指定教材用の大きめのレゴやワークブックを使ってレゴの勉強をします。

8歳以上からは「ワールドロボティクス」と呼ばれ、レゴブロックから一歩飛び出して「ロボット」を学ぶことができます。

こちらは月謝が「14,200円」で、プログラミングに必要なロボット教材とワークブックを使います。レゴスクールを通して幼稚園や学校以外でのお友達ができるのも良いポイントですね♪

初めてのレゴはこれがオススメ!

お子さんの初めてのレゴのオススメを紹介します!レゴには対象年齢が1.5歳~5歳の「デュプロ」や対象年齢が4才~7歳の「ジュニア」、対象年齢が4歳以上の「クラシック」があります。

対象年齢の小さな「デュプロ」は通常のレゴブロックの二倍の大きさです。飲み込んでしまう可能性が低いため、小さなお子さんにはオススメです。

また「デュプロ」は弱い力でもブロック同士をくっつけたり、外したりできます。1~2歳のお子さんには「デュプロ」4歳以上のお子さんには「ジュニア」や「クラシック」と分けて購入すると良いと思います♪

おすすめ商品

  • レゴ(LEGO)デュプロ はじめてのデュプロ(R)”はじめてセット” 10848
Amazonで詳細を見る” 10848

レゴブロックは魅力満載!

いかがでしたか?レゴブロックを楽しみながら、集中力アップの効果も期待できるなんて凄いですよね!家に一つあるだけで何通りの遊び方もできるため、買っておいて損はありません。

またおもちゃ売り場などで、お子さんの好きな物を選ばせてあげるのも良いと思います。レゴブロックには数え切れないほどのシリーズがあるので、毎日の遊びがマンネリ化してきてしまっている子でも長く遊べると評判です。

親子で一緒にレゴブロックで遊びながら、ぜひ大作を作ってみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク