美味しくピース!子供と一緒にカルピスを飲もう♪

飲料を飲む子供

甘くて、乳酸菌がたくさん入っている「カルピス」はみんな大好きな飲み物だと思います。夏場に冷蔵庫でキンキンに冷やしたカルピスを飲めば熱くなった体に染みわたります。

また、冬場は暖かくしてホットで飲んでも美味しいので一年中愛されています。そんな「カルピス」ですが、いつからお子さんにあげていいのかご存知ですか?ここでは「子供と一緒に飲むカルピス」についてご紹介していきます♪

スポンサーリンク

カルピスはいつから飲ませていいの?

カルピスは「離乳食完了期」以降、飲ませてあげることができます。生後1歳からでも安心して飲めるので、心配はいりません。しかしながらその頃の赤ちゃんは「味覚」が敏感なため、大人と同じ「濃さ」おカルピスは美味しく感じないといいます。

通常のカルピスは原液を水で「4~5倍」に薄めているのですが、赤ちゃんにはその倍以上の「10倍程度」に薄めてあげましょう。

原液を買って、家でカルピスを作る場合には原液と水を1:10にするくらいがちょうどいいでしょう。市販で売っているカルピスの場合は、カルピスに対し、およそ半分の量の水を足して薄めてからあげてくださいね。

気をつけたい「糖分」

実はカルピス500mlに含まれる砂糖の量は「66g」にもなるんです!これは角砂糖に置き換えると、18個分にも相当します。ペットボトル一本の中にそれだけの砂糖が入っているなんて驚きですよね!

歯の弱いお子さんにとって、砂糖がたくさん含まれている飲み物は注意が必要です。カルピスを飲んだあとには、口の中をゆすぐなどをして対策を取りましょう。

また、まだお子さんが小さい場合にはやはりそのままでは出さずに、薄めてからあげるのが良いと思います。

親子でカルピスを作ると「心」が健康になる!

カルピスの原液から、カルピスを作ったことはありますか?近頃では「親子でカルピスを作ると心が健康になる」と言われるようになりました。

子供は、カルピスを作って飲むという作業の中で「お母さんから任された仕事を自分で出来た」という達成感を得る事ができます。自分以外の誰かのために、カルピスを作ってあげる「責任感」が生まれるんですね。

スポンサーリンク