子供がいるのに片付いている部屋を作る方法とは?

整頓された子供部屋

子供がいると部屋が散らかるのは当たり前ですし、片付けたとしても10分後には元通りに散らかった部屋になることもめずらしくはありません。しかし、子育て中の家庭なのにもかかわらず、中にはいつもお部屋が綺麗に片付いているご自宅もありますよね。

同じ子育て中なのにもかかわらず、なぜこのような差が生まれるのでしょう?そこには片づけを簡単にできるちょっとしたコツがあるのです。今回は子供がいても片づけられるお部屋を作るヒントをご紹介します。

スポンサーリンク

お手紙やプリント類はいるものだけにする

子供が保育園や幼稚園に行っているとお手紙や書類が大量に増えますよね。それだけではなく、明細書や仕事関係の書類などとにかく生活をしていたら紙類が大量に増えていきます。

そのプリント類をいつまでも残していたらお部屋はいつまでたっても片付きません。そこで実行していただきたいのが、家には「必要な書類だけ」を残すようにして、あとのものは捨てていく癖をつけることです。

学校からのお知らせの紙をいつまでも残しておく必要はありませんし、カードの明細やもう終わったプリジェクトの紙をいつまでも残しておいても、次に見返すときはこないかもしれませんよね。

お手紙やプリント類をいつまでも残しておきたい気持ちはわかりますが、お部屋を片付けるためにも捨てる癖をつけましょう。

収納を増やすくらいなら「捨てる」

お部屋が片付かないからと収納をドンドンと増やすママもいらっしゃいますが、実は収納事態が邪魔なものになっているパターンは非常に多いのです。

収納を増やしたらその収納を置く場所を探さないといけませんし、収納を増やせばまた物を増やすことができるので結局お部屋は片付かないままになってしまいます。

スポンサーリンク