子供の魚嫌いを克服しよう!魚が好きになるコツやレシピなど

魚を象った食事

子供の魚嫌いは多いですよね。お肉と比べて食べにくいし、骨もあって食べにくいと食卓にも出ることが少なくなっています。

親としては栄養もあるし、食べ物は好き嫌いなく食べてほしいと思いますよね。子供が魚好きになるために、美味しいレシピなど紹介します。参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

魚が苦手な理由

「骨がある」、「ほぐすのに時間がかかる」、「苦みや臭みがある」。この3つは子供が魚を避ける大きな理由です。

今は働くママも増え、魚をほぐして子供に食べさせるのも、時間がかかって避けているご家庭もあると思います。

他にも「見た目が恐い」、「パサパサでまずい」などがあります。離乳食の時に魚をあげる際には、パサパサにならないようにとろみをつけたりしましたよね。

子供は歯切れが悪く食べにくい物を嫌う傾向があるので、ただの焼き魚だと美味しくないと感じてしまうかもしれません。

水分が抜けないように小麦粉をまぶしたり、調理次第で魚はグッと美味しくなります。子供は何が原因で魚嫌いなのかを見つけてから、美味しく調理することが克服への近道ですよ。

肉に負けない栄養源

魚もお肉と同じくタンパク質ですが、お肉には入っていない大事な栄養源がたくさんあります。

青魚によく含まれているEPA(エイコサペンタエン酸)は、血液の流れをサラサラにして血行が良くなり、アレルギーなどの予防にも効果的です。よく聞くDHA(ドコサヘキサエン酸)は脳の細胞をつくり、脳を活発にして記憶力などを高めてくれます。

魚といえばカルシウムが他の食品よりも豊富に含まれています。骨や歯をつくる大事な要素なので、積極的にとりたいですね。

またタウリンという血管をきれいにしてくれる栄養素も入っています。タウリンは目がよくなる働きがあり、猫は暗闇でも目がよく見えるのは魚を多く食べているからです。

ちょっとの工夫で魚が大好きに

魚独特の生臭さが苦手という人も多いはず。臭みをとるために、まず塩を振ってしばらく置いて水分を取り、酒に漬けると生臭さが取れます。

スポンサーリンク