子供に聞かれて困る質問あるある!上手な答え方とは?

会話する親子

子供はどんなことでも疑問を持って、どんなことにも質問を投げかけてきます。そんなたくさんの質問にときにはどう答えればいいのか悩んでしまうママもいらっしゃるのではないでしょうか?

今回はそんな子供に聞かれて困ってしまった質問あるあると上手な答え方をご紹介しましょう。ぜひ子供の質問に答えるときの参考にしてください。

スポンサーリンク

生死について

「ヒトは死んだらどうなるの?」「ヒトはどうやって生まれてくるの?」そんな質問に対して戸惑ってしまうママも多いのではないでしょうか?

特にヒトの死については大変デリケートな問題で大人にもわからないことが多いので特に答え方には迷ってしまうかもしれませんね。

ヒトの生死について子供に真剣に答えてもわかってくれるのか?死という概念を教えて子供が変におびえてしまったりしないだろうか?そんな思いもあって余計に子供の生死について答えづらいと感じてしまうのかもしれませんね。

そんなヒトの生死についての上手な答え方の例としては「小学生になったら先生が教えてくれるよ」「ヒトの生死は難しいから大人になるにつれてわかっていくよ」「死んだらどこにいくかはわからない」などがあります。死についてどのように考えるかはヒトそれぞれでしょう。

つまり正しい答えはないともいえます。そんな生死をしっかりと子供に伝えてあげるのは難しいですが、親の考えを伝えてあげてはいかがでしょうか?

答えがわからない質問

「このおもちゃはどういう仕組みで動いているの?」「政治家はどうしてこんなにも喧嘩しているの?」「どうして宇宙に酸素はないの?」「なぜ目は二つあるの?」そんな専門的な知識がないと答えられないような質問に対してどう答えてあげればいいのかわからないママも多いようです。

そんな答えがわからない質問に対しての上手な答え方は、わからないことを認めて一緒に調べてみるのがいいのではないでしょうか?

例えば「どうして宇宙に酸素がないの?」という質問ならば「ママもわからないし一緒に調べようか!」といってスマホなどで調べたらすぐにわかるはずですよね。

スポンサーリンク