生後6か月をお祝いしよう!ハーフバースデーについて

お祝いされる赤ちゃん

皆さんはハーフバースデーについてご存知ですか?ハーフ、つまり1歳の半分である生後6か月をお祝いするイベントです!

近年日本でもお祝いする家庭が増えてきていますが、もともとはアメリカやイギリスが発祥です。今回はそのハーフバースデーについて我が家の体験談も交えてご紹介します!

スポンサーリンク

ハーフバースデーの本来の意味は?

ハーフバースデー発祥の地であるアメリカやイギリスでは、夏休みなどの長期休暇の時に誕生日を迎える子供たちがクラスメイト達から誕生日をお祝いしてもらえないのは可哀そうと言う理由で誕生日の半年前、もしくは半年後にみんなで誕生日をお祝いしようという趣旨のものになっています。

ですが日本では、ハーフバースデーと言えば生後6か月になった赤ちゃんをお祝いするイベントとして定着しています。同じハーフバースデーと言う言葉を使っていても内容は全く違うものになっているのです。

ハーフバースデー、やる?やらない?

生後100日のお祝いをしたばっかりなのにまたすぐ生後半年もお祝いするの?と言う方もいれば、我が子の記念は何でもお祝いして残しておきたい!と言う方まで考え方は様々です。

絶対にやらなくてはいけないものではありませんし、決まっている形式もないので自分たちのアイデアを出し合ってお祝いするのも楽しいかもしれません。

お祝いの仕方の定番としては、離乳食を開始している方は離乳食でケーキを作ったり、お部屋をかわいく飾りつけて家族で写真撮影、寝相アートで写真撮影です。

ちなみに私は出産するまでハーフバースデーを知りませんでした。お食い初めについて調べていた時に今どきこんなイベントがあるのか!と知ったレベルです。

毎月写真を撮っていたので、双子の息子たちを並べて生後6か月の写真をとりました。本人たちには半年おめでとう!と伝え、主人とも「今日で半年だよ」「アッと言う間だね」と会話したくらいで食事も普段と変わらないものを食べました。

スタジオで記念写真を撮ってみました!

大雪の年の真冬に産まれたのでお宮参りはなし、お食い初めも自宅にお互いの両親を招いてささやかに行ったので記念写真も自宅で撮りました。

スポンサーリンク