子供の比較は不幸にする!人と比べないオンリーワンを大切に

大小のプレゼントを持つ2人の子供

自分の子供と他人の子供を比べたり、兄弟同士で比べたりしていませんか?自分の子供を比較して育てていくということは、不幸にする原因になります。

子供を比較せずにオンリーワンを大切にする子育てをするための考え方についてご紹介します。

スポンサーリンク

子供を比較することで及ぼす影響

子供を比較しながら育てることで及ぼす影響は、子供がネガティブに育ってしまうということです。子供はそれぞれ人格が違います。得意な事も苦手な事も全く違います。そこで比べてしまうと、子供にはいい影響はありません。

親が比較している、ということが子供に伝われば、子供は親の思うようにしか考えないようになります。親の物差しが子供の物差しになるのです。

親の物差しが本当に当たっていると思いますか?もしかしたら全く間違っていて、自分の子供はすごい人だったりするかもしれません。子供にとって、そういったはかりがあると、いろいろな事の妨げになります。

子供にとって親が褒めてくれることが1番嬉しい事ですから、比較された子供は、どうしても親の顔色をうかがうようになってしまいます。

比較されて育った子供はどうなる?

比較されて育っていった子供は、将来的に自分に自信がなくなってしまいます。それは、小さい頃から比較されたことが原因になります。自分は親の物差しで測れないとわかれば、子供は自分のことをよりマイナスに考えるようになります。

さらに親に比較されて育った子供は、自分で何かを決めるということが本当に苦手になります。今まで親の物差しで生きてきたからこそ、いざ1人で生きていこうとして頑張る理由がわからなくなってしまいます。

こういった家庭で育っている子供は、どうしても他人に依存しやすくなります。親との関係が疎遠になってくると、また頑張る糧になる何かを必要とします。

スポンサーリンク