褒める子育ては本当に大事?子供に怒るのは絶対にダメ?

子供を叱る母親

少し前までは、子供をきっちりと叱ってしつけするのが当たり前な世の中でした。しかし、最近では褒める子育てが主流になってきているといえます。

子供を怒るのは本当に行けないことなのでしょうか?子供を褒めることで得られるメリットと叱る事のデメリットをご紹介します。

スポンサーリンク

子供を褒めることで得られること

子供を褒めて育てるということが、最も子供を伸ばすといわれていますが、過保護との違いが良くわからないという人も多いのではないでしょうか?確かに子供を褒めて育てるということは、子供の自信に繋がります。

しかし、全部を褒めてしまうということは、実は危険な事でもあります。褒めることで得られるのは自信ですが、それが度を越えてしまうと自意識ばかりが働いて、ろくに行動しない子供になってしまう可能性が出てくるのです。

何をしても褒める親というのは、過保護と同じです。ある程度自分でやらせたうえで褒めるということが大切になります。

子供を小さい頃から褒めて育てると、子供の自尊心というものも同時に育っていくものです。自尊心というのは大きくなってからの自分の財産になります。

プラス思考な子供になって欲しい、どんなことにも挑戦する子供に育ってほしいと思っているのであれば、子供をある程度褒める子育てに徹底する必要があります。

子供を怒るのはなぜいけない?

子供を叱るのはよくない、体罰は良くない、と最近では過剰に反応する世の中になってしまいました。では、一体なぜこんな世の中になったのでしょうか?子供を怒ることで、子供は自分に自信を無くしてしまうからです。

子供に対してしつけのために、やっていけないことを教えるということは、子供が大人になっていくために必要な事です。全てを放任にすればいいという問題ではありません。

問題なのは、親が自分の都合で子供を怒るのがいけないということです。子供は親の態度の変化に敏感です。親が怒っていたり、機嫌が悪かったりするとすぐに察知します。

スポンサーリンク