親が考える学習能力は間違っているかも?勘違いしている3つの点

たくさんの本と子供とイラスト

親としては子供に頭のいい人間に育ってほしいと思うのは、当たり前のことでもあります。しかしそんな中で、子供に諦めてしまっている親もいます。

それはなぜ起こるかというと、親が自分の中で考えている学習能力に対する考え方が間違っているからです。親の勘違いにありがちなことを3つご紹介します。

スポンサーリンク

親が勘違いしている学習能力1.スピード

親が勘違いしている学習の能力1つ目は、スピードです。何か宿題をしたり、考え事をしたりするときに、できるだけ早い方が優秀だと思っている人はいませんか?早いに越したことがないということは、全部に共通しているとは限らないのです。

例えば60分間のテストがあって、1人は30分で終わって、もう1人は45分で終わったとします。これだけ見れば30分で終わった人の方が優秀に見えるかもしれませんが、それだけで優秀かどうかはわかりませんよね。

さらに45分かけて行った子供は、40分使ってテストをして、その後5分間使ってしっかりと確認をしていました。こうなると、とても時間配分が上手に感じませんか?

子供のスピードをはかりにかけることは意味がないということなのです。だからこそ、子供のことを急かす必要は全くないのです。

親が勘違いしている学習能力2.読書

親が勘違いしている学習能力の2つ目は、読書です。とにかく頭が良くなって欲しいからと、子供に読書をさせようとする親はとても多いです。しかし、それが全員に共通して、学習能力向上へとつながっているとは言い切れません。

実際に頭がいい人の中には、読書が好きだという人はとても多いです。しかし、頭が悪い人でも本が好きだという人はいるはずです。本を読むということと、頭が良くなるということは深いかかわりがあるとは言い切れないのです。

スポンサーリンク