子供の遅咲きと早咲きのメリットとデメリットをご紹介

様々な色の花

うちの子は勉強ができない…そう思っていても、高校に入ってから学年最下位だったのに、超難関大学に入学する話ってありますよね。要は能力が早く咲いたか遅く咲いたかの違いなのです。

今回は子供の早咲きと遅咲きのそれぞれのメリットやデメリットについてご紹介します。

スポンサーリンク

子供の早咲きのメリットデメリット

子供が何かについて早くチャンスがやってきた場合のメリットは、小さい頃からそれに対して取り組むことができるので、その能力を維持することができます。

更に小さい頃から能力を発揮していれば、親のサポートもたくさん受けることができます。自分の子供の可能性をつぶさないためにも、親が全力で色々な事をしてあげることができるでしょう。

子供が本当に好きな事をしているのであれば、早く咲きすぎたとしても親は前向きに手伝ってあげるはずです。

しかし、もしかしたら途中で挫折してしまう可能性もあります。早く咲いてしまうと、まだメンタルが出来上がっていない時期に、難題にぶつかってしまうこともあります。

もっと強くなっていたら、乗り越えられたかもしれないことが、乗り越えられなくなってしまうこともあるのです。

子供の遅咲きのメリットデメリット

子供の遅咲きのメリットは、本当に好きな事を見つけられている可能性が高いということです。なかなか芽が出なかった時期もあるかもしれませんが、それで最終的に花開いたということは、本人にしてもとても嬉しいはずです。

こうやって苦労して何かを達成するということは、子供の自尊感情を高めることにも繋がります。これからも何かに挑戦していくための力になっていくはずです。

スポンサーリンク