子供の受験中の心のケアは?親ができるサポートとは

勉強する子供と見つめる母親

子供が受験勉強をする時期になると、親としてもそわそわしてしまいますよね。そういった時何もできなくてムズムズしてしまうようなこともあるはずです。

子供が受験生になった時、親がするべき心のケアやサポートについてご紹介します。

スポンサーリンク

受験の時期の子供の心理

受験に差し掛かった時の子供の心理というのは、とても不安定になります。本当に勉強ができて、自信に満ちているような子供はそんなことがないかもしれませんが、ほとんどの場合は受かってほしいと思う反面、不安や心配が大きくなっているはずです。

みんな同じような心意気で挑んでいるのですから、自分が頑張らないといけないという気持ちは、強くあるのです。

だからこそ、子供にとってその時期はピリピリしやすくなるかもしれません。今まで全く口答えをしてこなかったような子供でも、受験生になったら親に八つ当たりするようになることもあります。

子供にとってはけ口が欲しいと思うあまり、そういった衝動にかられやすいです。ストレスが溜まってしまうこともあるので、親も覚悟が必要です。

受験の時期のケア1.食事や体調面を管理する

子供はとにかく受験勉強に集中することになります。そうなると食事や体調管理が心配になります。夜中まで勉強をして、寝不足になってしまうと体調を崩してしまう可能性があるからです。

受験するのに頑張っていても、受験当日に体調を崩して受けられなかったということになったら、元も子もなくなってしまいます。

まずは食事や体調について気遣ってあげるようにしましょう。さらに子供は育ちざかりでもあるので、しっかりと糖分を取って頭の回転を良くするためにも、栄養バランスの整ったご飯を1日3色食べさせてあげるようにしましょう。

受験の時期のケア2.プレッシャーをかけない

受験の時期の子供にとっては、どんな言葉をかけてもプレッシャーになってしまうことがあります。親としてはモチベーションを上げて欲しいと思ってやった行動だとしても、子供にとってはプレッシャーに感じてしまうことがあります。

スポンサーリンク