子供が休みたいといったらどうする?絶対に休ませない方がいいのか

伏せる子供

子供が突然学校を休みたいといったらどうしますか?それは子供の甘えだと感じて無理矢理でも学校に行かせますか?もしかしたらそれは子供からのSOSのサインだったかもしれません。

子供が学校を休みたいと言った時、親は子供に休ませることも必要なのです。子供の心を疲れさせないための接し方についてご紹介します。

スポンサーリンク

子供が休みたいなら休ませてもいい

子供が突然休みたいといったら、どうにかしてでも行かせようとしますか?それは子供にとってあまりよくないことかもしれません。子供が学校を休みたいといってきたということは、何かしらの理由があるはずです。

それがもしかしたら、不純な理由かもしれませんが、それでも行かせなくてはいけない理由は何1つないのです。子供が本当に学校を休みたいなら、休ませてあげても良いのです。

子供が学校を休みたいというのは、心が疲れてしまっているという証拠なのです。もしかしたら今日学校でやりたくないことがあるからこそ、休みたいといっているのかもしれません。

それがわかっていたら休ませないという選択肢も歩かせもしれませんが、やりたくないことをやらずに休んで、子供がどう思ったのか、どういうことを学んだのか、ということに関してもとても重要なのです。

もしかしたらこれで味を占めた子供は、これからまた同じ手を使ってくるかもしれません。しかし、親が許したとしても、周りからはあまりよくない声が出てくるかもしれません。何かがある時に休むのは、さすがに見え見えですよね。

そうやって子供が学んでいくこともあるかもしれないので、ずる休みだったとしても休ませるかどうかは親次第なのです。

子供に休憩をさせてあげることが重要

子供が学校に行きたくないのであれば、休ませても良いということの、最も重要な部分は、子供に休憩を与えてあげることです。子供は毎日学校に行って色々な経験をしますよね。中には精神的に辛いこともあるかもしれません。

そういう時に子供が休み場所を見つけることができるかどうかは、将来にも役に立ってきます。子供が限界を突破するまで頑張る子供にならないように、休憩することの大切さ、というものを教えてあげるようにしましょう。

スポンサーリンク