家は無料のホテルじゃない!子供に家事分担をさせる方法

お皿洗いする子供たち

子供がだんだん大きくなってくると、できる事もたくさん増えてきますよね。そんな時でも子供のことを全部やってしまっていませんか?

子供が何でもできるような年齢になったら、ある程度家事をやらせていくようにしましょう。子供に家事分担させる方法についてご紹介します。

スポンサーリンク

家は無料のホテルじゃない!

子供が大きくなってからも、子供の身の回りのことをすべてやってあげてはいませんか?それではもしかしたら子供にとっての無料のホテルになっている可能性があります。

子供にとって家は無料で泊まれるベッドがあって、無料で出てくるご飯があって、無料で選択してもらえると思っていることが多いです。

そういった環境になれてしまうと、子供はなかなか自分の手で何かを覚えようとしなくなってしまいます。そうなることがないようにするためにも、できるだけ、子供にはお手伝いをさせていった方が良いでしょう。

子供のお手伝いは小学生頃から始めるのが最も良いです。しかし、それに間に合わなかったという人もいるはずです。そんな人は大きくなってからでも、教えてあげるようにしましょう。

洗濯機は回せるようにする

子供にとって洗濯機はしっかりと回せるようになっていた方が後々便利になります。自分1人で生きていくとなった時に、洗濯のやり方をある程度覚えていないと、洋服を着られなくなってしまうので、洗濯機を回せるようになるための指導をしていきましょう。

洗濯というのは洗濯機に入れて、干して、たたむという3つの工程を挟んで行う家事です。関わる時間が多ければ多いほど、家事をしているという実感が出てくるはずです。そういう部分を利用して、初めての家事分担をしてあげるようにしましょう。

料理は教えてもできない可能性がある

家事として料理ができるようになったら、とても助かるのですが、料理に関してはセンスの問題もあるので、絶対にできなくてはいけないというわけではありません。しかし基本的な包丁の使い方くらいは、子供に教えておいた方が良いでしょう。

スポンサーリンク