自信を持って赤ちゃんの爪切りを!ベビー用爪切りの種類や選び方など

赤ちゃんの爪を切る手

ベビーの小さな手にちょこんと生えている爪、ママにとってベビーの爪切りは常に緊張の瞬間です。またベビーは新陳代謝が活発なこともあり伸びるスピードもとても早いため、こまめに切ってあげることも必要です。

今回はベビー用の爪切りの種類と選びかたや使いかたなどをまとめてみました。ベビーの爪切り作業を少しでも楽に!

スポンサーリンク

ベビー用爪切りバサミ

ベビーの爪切りグッズとして、日本ではもっともメジャーなのがベビー用の爪切りバサミです。特に産まれたばかりの新生児の柔らかい爪に使いやすいと好評です。

特徴は大人が使用するハサミと違って先端が丸見えをおびていること。よく動くベビーの指を尖った刃先で傷つけない工夫がされています。千円以下で購入できるお手頃価格も高ポイントです。

ベビー用の爪切りハサミを選ぶ際には刃の薄さが重要です。刃が薄いことでベビーの小さな薄い爪にもフィットし、切りやすさも抜群です。

デメリットとしてはハサミ自体が小さく指を通す輪っかの部分もスモールサイズなので、大人の男性は窮屈さを感じるかもしれません。または刃がカーブしていないことで、ママパパが少しずつ調節しながらベビーの爪の形にカーブを出してあげることが必要です。切った爪の先が散らばってしまうのも欠点です。

ベビー用テコ型爪切り

一般的に知られている爪切りの形がテコ型です。海外では新生児でもハサミよりベビー用のテコ型爪切りを使用することが多いです。

ベビーの爪に合わせて刃先はミニサイズ、カーブしていることで切るだけで自然に丸みを帯びたフォルムに整えてくれ、ママパパの負担も減らせます。

また先端にルーペが付いている爪切りもあり、ベビーの爪を拡大しながら切ることができる優秀機能です。値段はハサミと同じく千円以下のお手頃価格です。

ベビー用テコ型爪切りはレバーが軽い力で動くものがおすすめです。私が購入したベビー用爪切りの中にレバーの動きが硬いものがあり、余計な力も必要としとても使いづらくストレスにも感じました。

スポンサーリンク