頑張れが効かない子供にはどうすればいい?原因と対処法

ハイタッチする子供

子供がやる気が出ない時に、親としてかけてあげる言葉といえば、頑張れですよね。その頑張れを子供に言ったとしても、効果がない子供もいるはずです。

子供に頑張れが効かなくなってしまう原因と対処法についてご紹介します。

スポンサーリンク

子供に頑張れが効かない原因

子供に頑張れと言っても、なかなか効果が出ない時ってありますよね。なぜ子供に頑張れは効かないのでしょうか?それは子供が十分頑張っているからです。頑張っている子供に対しての頑張れは、子供には効果はありません。

子供は頑張っているのに頑張れと言われると、「これ以上どう頑張ればいいの?」「今十分頑張ってるし!」と反発の意思が出てしまいます。こういったことが原因で親に対して不信感を抱く原因にもなりかねません。

子供がマイナスな感情でいる時の頑張れは、子供にとってマイナスな影響を及ぼしてしまう可能性が高いので、むやみやたらに頑張れというのはやめた方が良いかもしれません。

子供に頑張らせる方法1.とにかく褒める

子供にやる気が出ない時に、どうにかしてやる気を出そうとするときは、まずとにかく褒めることが重要です。子供が勉強やスポーツに置いてスランプに陥ってしまった時は、頑張れと声をかけるのではなく、できたことをとにかく褒めてあげましょう。

子供にとって褒められるということは能力を引き出したり伸ばしたりするうえでとても重要な事です。子供のやる気を引き出すためにも、今できる事を褒めてあげるということを重視していきましょう。

子供がマイナスな感情に陥っている時こそ、子供をほめたたえてあげてください。

子供に頑張らせる方法2.成功を意識させる

子供のやる気を引き出す時には、成功を意識させることが重要です。子供がマイナスな感情に陥ってしまっていると、どうしても子供は失敗や良くない方向へと考えが傾いてしまいます。

スポンサーリンク